やる気を上げるには | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2016年 8月 5日 やる気を上げるには

   ↓【★無料イベントのまとめ】↓

↓現在ご案内中のイベントはこちら↓

*****************************

 

こんにちは!

今日は担任助手の花田が担当します!

 

*****************************

皆さんこんにちは~

船橋校のパソコン担当の花田です。

皆さん体調は大丈夫ですか?

最近、クーラーに当たりすぎたりして風邪をひく人が増えてきている気がします。

体調管理をバッチリして、充実した夏休みを過ごせるようにしましょう!

さて今日は、やる気スイッチをオンにするには?

ということを、心理学の授業を踏まえて書いていきます。

そもそもやる気、動機付けとは何かって言うと、

行動を喚起させ、目標に向かって行動を方向付け、

目標に達した時にその行動を維持しようとする心の働きのこと、です。

やる気の強さ、というのは実は計算式で表すことができて、

動機づけ=(成功願望-失敗恐怖)×成功可能性×目標の価値

                  ↑期待   ↑1-期待

という感じになります。

数学が得意な人なら一瞬でわかると思うのですが、

成功するか失敗するかがちょうど五分五分の時、

動機付け強さは最も強くなります。

 また、計算した結果、動機付けは+になったり-になると思います。

プラスの場合、成功願望が強い、ということなので、

今考えて計算した課題の1つ上の難易度の課題にチャレンジしてみましょう。

問題集にたとえて考えるとわかりやすいと思います。

このレベルの問題集にしようと思っていたけど、1つ上の難しい問題集にチャレンジしてみょう!

といった感じです。

逆に失敗恐怖が強い人は難易度を下げてみましょう。

そうすることで、簡単だからやってみよう!、とやる気がでる思います。

このようにして、達成動機付けの方向(+-)を見極めて、目標を設定しましょう。

また、せっかく出たやる気をどうしたら続けられるかというと、

成功したときは、自分には安定した実力があった、失敗したときは、努力が足りなかったと考えましょう。

(細かいことは花田かグループ長に聞いてください)

そうすることでやる気を維持できるようになります。

あとはいつも言われていることだと思いますが、何かしらやりがいを見つけ、

失敗を恐れずに挑戦し続けましょう。

なぜ勉強するのか?親にやれと言われたから。

そうではなく、~になりたい。そのためにあの大学に入りたい。

だから必死に勉強するんだ!といったように、何かしら目標を見つけ、

その実現のために今努力する。

そうやってあるきで溢れる人に、みなさんも早くなってくださいね!

そうすれば勉強だってトレーニングだって苦痛にならなくなりますよ!

*****************************

センター試験まであと162日!

*****************************