弱点を知って対策をする! | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2020年 8月 26日 弱点を知って対策をする!



 

*********************

こんにちは!!

白井です!

夏休みの思い出は

自分の将来について人生で一番考えて

行動したことですかね、、、

今まで自分の興味があることや

将来やりたいことが

全く決まっていなかったのですが

やっと方向性が決まり、

その業界の企業について

色々調べて少し楽しくなってきました!

これからも前向きに就職活動の準備を

していきたいと思います!

*********************

昨日のブログでは堀ノ内さんが

今後圧倒的なアウトプット学習が必要だという話を

ブログでしていましたね!!

特に単元ジャンル別演習を使うことは

とても重要なのですが、

そもそも二次私大の過去問演習は

進んでいますか?

進んでいない人の特徴として

過去問演習をこの時期に行う正しい目的を

理解してないことが挙げられます。

過去問を解く目的は時期別に

以下の三つに分けられます

1.その大学の傾向を知り慣れるため
2.自分の弱点に気付くため
3.合格点を取る練習をするため

今の時期の目的は

1と2,特に2が今後は重要になります


まず、1はとりあえず1年分

第一志望の過去問を

解いてみようかな〜って思った時期、

つまり過去問演習を始める際の目的です。

 

2は10年分解き進めていく時期、

つまり過去問演習を行う中で

頻出分野を理解し、その分野の中で

自分ができない分野、出来る分野を

把握し、具体的にどう点数を伸ばすか

対策を考える際の目的です。

 

そして3は過去問演習が終盤となり

最後のあと一歩をどう伸ばすかを

考える時期、つまり過去問演習を繰り返し行った上で

ラストスパートをする際の目的です。

この3つを混乱していませんか?
 

過去問解くの怖いな〜と思ってる人は

過去問=点数を取るべきもの
→今解いても解けないのでは?

という考えに陥っていませんか?

今点数は取れなくて当たり前なんです!

点数に一喜一憂しすぎないこと!
 

繰り返しますが、

今過去問を演習する目的は

過去問の中で自分のできる所、

出来ない所を理解するためです。

そして出来る所を更にどう伸ばすか

出来ない所をどう補うか

具体的に考え、試行錯誤しながら

行動することが大切です。

目的を間違えると先述したとおり、

同じことをしていても

学習の質が落ちてしまいます。

今目の前にある問題は

出来るのか、出来ないのか、

出来ないならどうすれば出来るかを

常に考えていきましょう!

この時期が1番踏ん張りどころ!

一緒に頑張りましょう!

********************

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

明日のブログ担当は

夏休みの思い出は何になりそうですか?

田中(柚)担任助手です

明日もお楽しみに!

********************

 



 

 

最新記事一覧

過去の記事