大問別演習のおすすめポイント | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2020年 7月 19日 大問別演習のおすすめポイント

**************************

こんにちは!

伊藤です!

試験は7月上旬に一回目のテストが

終わったのですが、

全部対面のテストでした。。

今月末にもあるので

しっかり対策していきたいと思います!

テストがおわったらコロナにかからない程度に

おいしいものをたくさん食べに行きたいと思います

************************

 

 

 

 

 

さて、私からは

効率的な大問別演習の進め方

について話したいと思います!

大問別演習の使い方を

あまりよくわかってない人が多いと思いますが

実はこれめちゃくちゃ有能です!!!

そこで今日は私的大問別のおすすめの使い方

について教えていきます!

一つ目は約60回分演習できるということです。

私はこの60回分を英語の文法や長文など、

苦手な範囲の勉強に充ててました!

この大問別の英語の長文を

夏休みの毎日の日課にすることで

英語の長文能力が低下しないようにしていました。

二つ目は時間制限があるということです。

これによって早く解く癖をつけることが出来ます。

時間があったら解けるのに。。

ということは誰にでもよくあることだとは思いますが、

試験本番も同じことが言えますか?

試験本番時間がなくても

試験時間を延長することはできません。

そのために今の内から

時間意識をしっかりと持って

問題を速く解く癖をつけておきましょう!

以上が私的大問別演習のおすすめポイントです!

ぜひこれから夏休みに入っていきますが、

どんどん活用していきましょう!!

************************

最後まで読んでくれてありがとう!

明日のブログ担当は…

今年の夏休みは何をする予定ですか?

 

田中啓大郎担任助手です!

明日もお楽しみに!

****************************

過去の記事