校舎の様子 | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール船橋校 校舎長 小村啓

東進ハイスクール船橋校の小村啓と申します。
大学受験は、自分自身と向き合い、将来の可能性を見つけられる大きなチャンスです。夢への第一歩となる第一志望校合格に向け、前向きに全力で努力することで、毎年たくさんの先輩たちが大きく成長しています!
高校生活や部活との両立など、高校での3年間は、様々な壁や悩みとぶつかります。東進ハイスクール船橋校では、そういった皆さんの悩みを、大きな成長の機会へと変えられるように、全力でサポートをさせて頂きます。一度きりの高校生活を、自分の人生を大きく切り拓くかけがえのない機会とするために、私たちと一緒に努力し、成長を続けて参りましょう!
どんなことでも、いつでも相談に来てください!スタッフ一同、心よりお待ちしております!

船橋校はJR、京成線、東武野田線の交差するターミナル駅のすぐ近くにあり、交通の便がよいため、多くの生徒が通う校舎です。そのため、休み時間は受付の前に多くの人が集まります。スタッフは生徒の名前や状況をよく把握しているため、受付前では各生徒の学習の進捗に合わせて随時、声かけがなされています。スタッフと生徒との距離が近い、活気のある明るい校舎です。校舎は年中無休ですので、ぜひ気軽に足を運んでください。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

堀ノ内 奨 くん 東京大学 文科二類
渋谷教育学園幕張高校 卒 東進ハイスクール船橋校 OB
堀ノ内 奨 くん 東京大学 文科二類
担任助手として一言
私は中三の冬から東進に通っていて、ほぼ東進のコンテンツのみで勉強していました。私が三年間以上東進で勉強し続けられた要因は、東進の素晴らしい講師陣の授業とモチベーターとしての担任・担任助手の方々のおかげで勉強する習慣を確立できたことにあったと思います。勉強を習慣化することができれば長い受験勉強に辛さを覚えることもなくなります。第一志望合格に向けて一緒に頑張りましょう!
住元 ゆり さん 東京理科大学 理工学部
東邦大学付属東邦高等学校 卒 東進ハイスクール船橋校 OG
住元 ゆり さん 東京理科大学 理工学部
担任助手として一言
私は高校1年生から東進に通っていました、そのため、低学年のうちに計画的に勉強することの難しさ、受験勉強に対するエンジンをかけることの難しさを改めて自身の受験生活を振り返ると痛感させられます。ですのでこの経験をいかし低学年のうちからしっかりとコツコツ受験勉強することの重要性をしっかり伝え、みなさんのモチベーションをあげられるように、担任助手としてみなさんの力になれるようなサポートをしていこうと思います。みなさん一緒に頑張りましょう!
益子 大樹 くん 千葉大学 薬学部
県立船橋高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール船橋校 OB
益子 大樹 くん 千葉大学 薬学部
担任助手として一言
1年の益子大樹です!私は高校3年の6月まで部活をやっていたので、引退するまでは部活と両立しながらの勉強でしたが、自分の予定に合わせて受講できる東進のシステムに、とても助けられました。受験勉強で大切なことは、きちんと計画を立てて勉強することです。自分のやるべきことを明確にした方が、やる気も出るし効率も上がると思います。受験はつらいこともありますが、一緒に頑張っていきましょう!困ったことがあったら何でも相談してください!

→もっと見る

今井 隆真 くん 一橋大学 商学部
渋谷教育学園幕張高校 卒 野球部 東進ハイスクール船橋校 OB
今井 隆真 くん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
新担任助手の今井です。受験は自分との闘いです。第一志望大学の合格という大きな目標を前に、受験生の皆さんが最も意識してほしいことは我慢をすることです。限られた受験期の中でいかにして勉強と向き合えるか、これが受験の合否を決めるといっても過言ではありません。目標に向かって努力し続ける皆さんを全力でサポートしていきます。一緒に頑張りましょう!
恩賀 智史 くん 千葉大学 教育学部
県立船橋高校 卒 野球部 東進ハイスクール船橋校 OB

恩賀 智史 くん 千葉大学 教育学部
担任助手として一言
担任助手の恩賀智史です!私は大学受験を通して二つのことを学びました。一つは仲間の大切さ、もう一つは楽しむことです。皆さん、受験は大変で一人で頑張るものだと思っていませんか?確かに受験は大変ですが、楽しむんです!!嫌々やるより楽しんだ方が伸びますから!!私たちは一緒に受験に取り組み合格を目指す仲間として全力でサポートします。東進で一緒に頑張りましょう!
小林 壱織 くん 千葉大学 法政経学部
東邦大学付属東邦高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール船橋校 OB
小林 壱織 くん 千葉大学 法政経学部
担任助手として一言
担任助手の小林です。私は東進での受験勉強を通して明確な目標を持つことの大切さ、先を見据えて計画的に勉強することの大切さを学びました。東進での勉強は自分で決めて取り組まなければならないこともあり、悩むことも多々ありましたが、そのすべてが自分の実力を高める糧となりました。自発的に勉強する姿勢が大切です!私も精いっぱい皆さんの受験勉強をサポートするので、一緒に頑張りましょう!
角南 香奈 さん 明治大学 文学部
千葉市立稲毛高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OG

角南 香奈 さん 明治大学 文学部
担任助手として一言
私の受験生活は、グループミーティングのメンバーと担当の方は勿論、担当以外の担任助手の存在があったからこそ乗り越えられたのだと思います。辛かった時に、仲間がいたからこそ頑張ろうと思えましたし、担任助手の方はどんな時でも一番近くで励ましてくださいました。今度は、私が担任助手となり、みなさんをサポートしていきます。また、部活も週6で活動していたので、部活と勉強の両立に悩む人の気持ちもとても分かります!気軽に相談しに来てください!一緒に頑張りましょう!
金城 貴也 くん 青山学院大学 経済学部
県立船橋芝山高校 卒 野球部 東進ハイスクール船橋校 OB
金城 貴也 くん 青山学院大学 経済学部
担任助手として一言
私が大学受験という壁を乗り越えるうえで一番大切だと思っていることは、「なりたい自分」をイメージして、自分のモチベーションを高めていくことです。勉強していれば伸び悩む時期、やる気が出ない時期というのはどうしても訪れてしまいます。そんな苦しいとき、自分を救うのは、「なりたい自分」から生まれるモチベーションです。我々も皆さんのモチベーションを向上させるよう、また皆さんがぐんぐん成長していけるよう全力でサポートしていきます!全力で走り抜けましょう!!
澤田 悠里 さん 法政大学 経済学部
千葉英和高校 卒 茶道部 東進ハイスクール船橋校 OG

澤田 悠里 さん 法政大学 経済学部
担任助手として一言
私は高2の冬に東進に入りました。毎日勉強していく中で、努力する楽しさを知ることが出来ました。受験は一人で乗り越えられるものではありません。私自身、受験生だったころは、やっていけるかわからない、合格できるかわからないといった不安がたくさんありました。そんな不安も取り除き、みなさんが勉強しやすい環境を作り、精一杯サポートさせていただくので、一緒に頑張っていきましょう!
村上 聖音 くん 東京理科大学 理学部
県立佐倉高校 卒 ラグビー部 東進ハイスクール船橋校 OB
村上 聖音 くん 東京理科大学 理学部
担任助手として一言
大学受験において皆さんに伝えたいことがあります。それは何事にも「全力」で「やり切る」ことです。私はラグビー部に所属していて、高3の10月末まで部活をしていました。周りよりも時間が足りない中での受験勉強でしたが、両方ともやり切った結果良い形で部活も受験も終えることができました。東進には担任助手という大学受験を経験した先輩がたくさんいます。私達と一緒に受験勉強を全力でやりきりましょう!
荒木 杏奈 さん 東洋大学 国際観光学部
千葉市立稲毛高校 卒 茶道部 東進ハイスクール津田沼校 OG
荒木 杏奈 さん 東洋大学 国際観光学部
担任助手として一言
東洋大学国際観光学部一年の荒木杏奈です!市立稲毛高校の国際教養科出身で、高校では茶道部、中学では吹奏楽部でユーフォニウムを担当していました。大学では観光について学んでいるので観光について興味がある方は是非話しかけてください!カナダで二週間ですが語学研修にも行ったことがあるので留学に興味がある方も気軽に話しかけてください!もちろんそれ以外でも全然大丈夫です!みんなと一緒に成長していきたいです!一緒に合格を目指しましょう!
近藤 光 くん 法政大学 法学部
県立国府台高校 卒 陸上部 東進ハイスクール船橋校 OB

近藤 光 くん 法政大学 法学部
担任助手として一言
私は、受験勉強をはじめてから、夏休みなども文化祭でほとんど勉強ができず、伸び悩む時期が長い受験生でした。しかし、担任や担任助手、グループミーティングのメンバーに支えてもらったことで、最後まで目標を下げることなく続けることができました。勉強だけでなく、部活のことも学校行事のことも何でも相談にのります。これから1年間一緒に頑張りましょう!
渡辺 滉大 くん 千葉工業大学 工学部
県立船橋東高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール船橋校 OB

渡辺 滉大 くん 千葉工業大学 工学部
担任助手として一言
新しく担任助手になりました渡辺滉大です。大学受験はとにかく自分との戦いです。これからたくさん辛いことや苦しいことがあると思います。しかしそれを自分の中に留めないで私たち担任助手に相談してください。どんな内容でも大丈夫です。その他にも何かあったら担任助手を頼ってください。全力でサポートします。一緒に第一志望目指して頑張りましょう。これからよろしくお願いします!
仲宗根 晃太 くん 早稲田大学 社会科学部
千葉県立千葉高校 卒 卓球部 東進ハイスクール船橋校 OB

仲宗根 晃太 くん 早稲田大学 社会科学部
担任助手として一言
なにごとも継続です!私が受験でもっとも大切なのは継続だと思っています。いくら高速マスターの単語を一日で覚えても次の日にもう一度やると忘れている単語があるという経験がありますよね。人間、一度に多くのことを覚えることはできません。何度でも繰り返すしかないのです。高速マスターを完全修得させたままで終わらせてませんか?何度も繰り返し勉強してくださいね!継続して身につけた知識はなかなか忘れません。そして自信を生みます!自信をもって受験に向かい、自分の夢に近づく為に一緒に勉強していきましょう!私たちも全力でサポートします!
古月 尚輝 くん 慶應義塾大学 文学部
千葉県立船橋高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール船橋校 OB
古月 尚輝 くん 慶應義塾大学 文学部
担任助手として一言
自分は高3の6月まで部活をやっており、周りの人に比べて、勉強に関しては遅れをとっていました。しかし、東進ハイスクールには高速学習というシステムがあり、遅れた分を取り返すことができました。自分が慶應義塾大学に合格できたのは、東進の高速学習や、担任指導、さらに周りの人と切磋琢磨できる校舎の環境のおかげです。部活で学んだことは絶対将来役立ちます。勉強と部活、どちらかを諦めてしまうのではなく、東進で両立させましょう!
加藤 あかり さん 立教大学 文学部 
千葉県立薬園台高校  卒 軽音部 ダンス部 東進ハイスクール船橋校 OG
加藤 あかり さん 立教大学 文学部
担任助手として一言
私の通っていた高校は文化祭に力を入れていた為、夏休みも毎日学校に行き、勉強できる時間はほとんどありませんでした。しかし東進では自分のペースで勉強を進めることができたので秋から全力で勉強に取り組み、無事合格することができました!皆さんも自分に合わせたペースで第一志望に向けて一緒に突っ走りましょう!
迫田 剛志 くん 中央大学 法学部
市川高等学校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール船橋校 OB

迫田 剛志 くん 中央大学 法学部
担任助手として一言
こんにちは!迫田(さこだ)です!高校生は、人によっては部活に委員会に課外活動もやったりと、勉強と両立することが難しい人もいると思います。私も部活を3年間続け、忙しい委員会にも参加していました。しかし東進は自分の予定に合わせて勉強ができるので、勉強との両立がしやすい環境があり、自分のペースで勉強できます。またさらに私たち担任助手が生徒皆さんの勉強を全力でサポートしますので、ぜひ一緒に頑張りましょう!!
稲葉 惇 くん 一橋大学 商学部
千葉県立千葉高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール船橋校 OB
稲葉 惇 くん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
大学受験で第一志望合格を勝ち取るには何が大切になると思いますか?私は学習習慣の確立と自己分析の二つが大事になってくると思います。私はそこを意識した結果、第一志望に合格することが出来ました。この二つは受験が終わった後にも必要な能力になるのではないかと思いますし、大学受験は人生の通過点に過ぎません。大学受験を通じて生徒の皆さんが人間として大きく成長してもらえるように、私たちも全力でサポートできるように頑張ります。一緒に夢への一歩を踏み出しましょう!
宮倉 李佳 さん 専修大学 法学部 
市川高等学校  卒 女子サッカー部 東進ハイスクール船橋校 OG
宮倉 李佳 さん 専修大学 法学部
担任助手として一言
受験勉強において一番大切なことは何だと思いますか?私は夢だと思います。大学合格はゴールではなく、あくまでも通過点です。将来の目標や夢を高校生のうちから明確に持ち、それを叶える為に最大限の努力をし続けてほしいと思います。辛いときに一番自分を奮い立たせてくれるものは息抜きや周りからの応援ではなく自分の夢や志です。将来の夢を叶える為の近道である第一志望校合格に向けて一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

塾内合宿は年に4〜5回ほど行われる、長い時間をかけて頑張って英語の単語・熟語・文法などを暗記したり、みんなで音読をしたりするイベントです。スタッフが盛り上げ、励ましながら進めていくので、眠気も吹っ飛び、頑張ることが出来ます。終わったときには今まで定めていた限界を突破することが出来たことで、大きな達成感が生まれます。

特別公開授業

特別公開授業

特別公開授業は年に数回、普段はt-PODの中で教えている先生が実際に校舎に来て、授業をするというイベントです。東進に通っていない人でも参加可能で、普段の授業を受けている生徒は直接授業を受けることで今まで以上にファンになることはもちろん、普段受けていない生徒も終わった後には、次はその先生の授業を受けたいと言ってくるほどインパクトの強いイベントです。授業後には先生にサインをもらったり、質問したりすることができ、やる気が大きく高まります。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。