1月 | 2019 | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ 2019年01月の記事一覧

2019年 1月 31日 センター同日お疲れさまでした

 

 

***********************

 

 

 こんにちは😶

堀ノ内さんのことなめてないですよ~

受験生の時からお世話になりすぎて

崇め奉ってます

伝わってないですか?

悲しいです😢

 

************************

一月ももう終わりますね

二月ということで

試験が始まりますね

受験生のみなさん

インフルエンザがまた流行ってきています!!

試験会場には体調が悪くても無理をして

受験をしに来ている人が普通にいます

しっかりと覚えていてください

風邪をうつしたりうつされないように対策をすること!

くれぐれも無理をしすぎないように…

話は変わりますが

センターの同日模試を受けたみなさん

夜遅くまでお疲れさまでした!!

センターはどうでしたか?

帳票はもう見ましたか?

今までやってきた分の成果はでてましたか?

皆さんに今やってもらいたいことは

 

今回の結果の分析をする

次回までに科目ごと大問ごとにあと何点あげるか決める

実現するために今から2月24日まで何をするべきか計画を立てる

実行する

です

次のセンターレベル模試は

2月24日

あと一ヶ月もありません

第一志望に受かるため2月では何点取る必要があるのかを考え

次回の模試でその目標を達成してください

期待しています!

 

 

*************************

明日のブログ担当は・・・

 

 理科大なのに理科大生っぽくない

と個人的に思ってます

村上担任助手です!

お楽しみに!

*************************





2019年 1月 30日 試験当日はイキり倒せ

 

 

***********************

こんにちは!

堀ノ内です!

角南さんは同期の中で

一番最後に仲良くなった人だった気がします(笑)

 

僕が東京大学を志した理由は

いろいろありますが

自分の高1からの

頑張りを

一番大きな

結果として

残したかった

というのが

一番大きかった

です。 

 

 

************************

珍しくとがったタイトル

をつけてしまいました(笑)

中身は変わらず

真面目なので

安心して読んでください

 

さてさて入試を迎える受験生

増えてきましたね。

今日は入試当日100%の力を出す

ための秘訣をお伝えします。

タイトルの内容は

終盤で話します!

 

 

 

その前に残念なお知らせです。

 

皆さんは試験本番

自分の実力以上の力は出せません。

100%以上の力は出せない、

ってことです。

 

でも、

100%の力出したいですよね、

 

といいうわけで

僕が試験本番100%の実力を出すために

心掛けていたことを紹介します。

①当日と同じ時間帯に過去問を解いてみる。

②当日のシミュレーションをする

③自分は無敵と思い込む

 

①当日と同じ時間帯に過去問を解いてみる。

朝に数学を解くのと

昼過ぎに数学を解くのと

夜に数学を解くのと

頭の冴え具合、違いますよね。

僕はそう思いました。

 

東大の数学の試験は

昼過ぎ

にあるんですよね。

でも昼過ぎって

眠いじゃないですか。

お昼も食べてるし。

 

でも本番は昼飯を食べた後に数学を解かなきゃいけないので

一月二月は昼過ぎに

数学を解く習慣をつけて

飯を食っても

頭がさえた状態で

数学に挑める体質を

つくるようにしていました。

 

試験本番と同じ過ごし方を

普段からしてみてください!

 

②当日のシミュレーションをする

本番で100%の実力を出すためには

精神が安定している必要があります。

精神を安定させる、安定させるというか

不安定にさせないためには

当日なんのトラブルもなく

過ごすというのが

非常に重要です。

 

僕は慶應経済学部を受験するとき

去年までいた

今井担任助手と

一緒に行ったんですけど

とにかく迷いました。

迷うと焦ります。

試験会場までの道のりは

ばっちり把握しておきましょう。

電車が止まる可能性もあるので

迂回路まで知っておくとばっちりです!

 

③自分は無敵と思い込む

試験当日、

自分に

「俺(私)が受かるに決まっている」

「俺は」、というより「俺が」

と思い込みましょう。

自分よりこの志望校に受かりたいと

勉強してきたやつはいないと、

そういう気持ちで。

 

僕の場合は

東大は倍率が三倍になるんですけど

三倍ということは

前の席に座っている人と後ろに座っている人

もしくは

両隣の人を

蹴落とせば受かる

ってことで、

前後左右の人の顔を見て

「こいつ俺より頭悪いわ勝ったな(確信)」

って

人の頭の良さを顔で判断して

そう思うことにしていました。

最低ですね、

もちろんいまはそんな

尺度で人をみてません!!

でも

試験当日くらいは

性格わるくなったって良いじゃないですか!

こうすると

簡単な問題が出てきたら

「安パイ安パイ」

って落ち着きながら解けるし、

逆に難しい問題が出てきたときは

「自分が解けなきゃ周りも解けない」

って思いながら解けます。

 

試験にどういう人が受かるかっていうと、

難しい問題で焦らず

実力に見合った問題

解ける問題を

100%解いてくる人

ですから

意外と理にかなっているかもです。

 

受験生ラストスパート!

何か迷うことがあれば

すぐ僕たちに相談してください!

応援してます

*************************

明日のブログ担当は・・・

堀ノ内に対して

生意気な後輩ランキングに

河添担任助手に次いで

ランクインしてそうな

 

岡田担任助手です!

お楽しみに!

*************************





2019年 1月 29日 夢をみつけるきっかけ

 

 

***********************

こんにちは!

実は2年生の始まりから、

仲宗根担任助手

「おまえは3女っぽい」

いわれ続けてました。

角南です!

失礼しちゃいますね。

実は、2年目担任助手の中では

1番誕生日が遅いので、

末っ子なんですよ笑

もう少しかわいがって

もらいたいものです・・・

(調子乗ってる)

 

************************

最近、私はとっても

悩んでることがあります。

それは、将来についてです!

 

なぜ、悩んでいるのかというと、

3年生になる=就活が始まる

が着々と迫ってきているからなのです。

私は、もともとは、

「オリエンタルランドに入社して、

商品開発に携わりたい」

という夢がありましたが、

私の所属している学部は「文学部」

私の専攻では、出版社やマスコミなどに関わりたい!

という人が多いのですが、

授業が意外と面白くて、

「出版関係も気になるな~」

といった感じで、

夢が決まっていない状態なので、

いまいち就活が意識できず

悩む日々を送っています。笑

 

でも、高校生の頃の夢(かつ目標)は自信を持って言えて、

明治に行きたい」

というのが夢(かつ目標)でした!

なぜ、明治だったかというと、

2つ理由があります。

 

① 駅伝シード校だったから

② 一目ぼれ

 

とても単純な理由で申し訳ありません。笑

駅伝を見る事が好きで、

お正月は家から出ないで、

ずっとテレビで見てました笑

 

そのマネージャーやりたいなぁ

という気持ちが少しあったので、

「駅伝の強い大学に入りたい!」

と思って、その当時は3.4位にいつもいた

明治大学を目指すことにしました!

(今はシード落ちが続いていて泣きそうです)

 

一目ぼれに関しては、

オープンキャンパスに行った時に

「ここの学生になりたい!」と思い、

そのときから明治一筋です。

 

こんな単純すぎる理由でも、

私の中ではかなりの

モチベーションになってました。

「もう無理かも・・・」

って思った時には、初心にかえって、

「なんでこの大学じゃなきゃだめなのか」

を思い出していました。

 

夢って聞くと、大きすぎるものに聞こえますが、

私みたいに大学に入ってから、

新たな気になることを

見つけても良いのです。

だから、どんなに小さなことでもいいです。

自分が第一志望を目指している

理由・きっかけ

を探してみてください。

それが、夢を見つける

第一歩になるはずです!

 

担任助手が今通っている大学を

目指すきっかけは

人それぞれだと思うので、

聞いてみると面白いですよ!

*************************

さて、明日のブログ担当は・・・

初めて会ったときは絶対に仲良くなれないと

本気で思ってました笑

この人が今通っている大学を目指した理由は

きっとめちゃめちゃかっこいいはず!笑

堀ノ内担任助手です!

乞うご期待☆

 

*************************





2019年 1月 28日 差がつく時期

 

***********************

ブログで毎回、太っているけど

筋肉質的な紹介される河添です。

 

僕は今週から来週にかけて

試験期間が控えています

 

これが終われば春休みなので

試験勉強もほどほどにして

春休みの予定を組んでいるところです

大学生の春休みは2ヵ月と長い上に

宿題とかも基本ないので、

自分のやりたい事をする

絶好のチャンスですね

皆さんも何をしたいか少し想像して

モチベーションにしてみてください

************************

さて、今日のテーマは「差」についてです

受験はみんなが

同じところを目指している以上

どうしても他人との差を

意識しなくてはいけませんね

 

さて、1,2年生の皆さんは

土曜日のHRでも

いわれたかもしれませんし

まえから言われすぎて

飽きているかもしれませんが

大事な事なのでもう一度いいます。

春休みからがんばる、

学年があがってから頑張る、

これは全員が考えていることです。

みんなが頑張りだしてから頑張っても、

勉強量の「差」はできませんよね

どうせ頑張るなら

今から勉強してください

早く受験勉強を始めるだけ、

アドバンテージになるはずです。

*************************

さて、3年生になるとなかなか

差が埋まらない、生まれないことを

実感している受験生のみなさん

 

これまでみんなが頑張ってきた中で

差がついていないとしても、

自分自身の実力はついているはずです。

これまでの努力に自信を持ってください

 

そして、受験はほんのわずかな「差」で

合否が分けれるものです

これは去年、自分自身も

身をもって実感しました。

 

この差は、その大学にどれだけ

受かりたいと思ったのか

こだわったのか

によってつくものなのかなと思います

こだわれば、E判定でも

合格する事もありますし

その逆で併願校対策を全くしなくて

第一志望以外はすべて不合格という

友人もいました

 

大切なのはこのわずかな差が

いつできるのかです

ここまでの勉強で合否のボーダーライン

付近にいるとすれば

当然差がつくこれからですよね

直前期、さらに言えば

試験当日の問題でさえ

このわずかな差は生まれます。

だから受験生のみなさんは

残りを受かるためのこだわりを

もって勉強してください

こだわりが集中力につながって

勉強の質で差になるはずです

*************************

さて、明日のブログ担当は・・・

貫禄は昨日までの3,4年生に

負けずとも劣らない2年生です!

この前成人式に出てた覚えがあります・・・

あと2ヵ月で名実ともに二十歳になるこの人!

角南担任助手です!!

心にじわっとくるブログに期待しましょう!

*************************





2019年 1月 27日 「私立文系が早稲田を目指すこととは、そして合格するには」

 

***********************

 

こんにちは!

3日連続3回目の老害登場です。

3年の仲宗根です。

 

最近は大学の試験勉強はほどほどに

「就活+釣り」の日々を過ごしております。

 

寒くなっていますが、ここ1週間また

魚が釣れるようになってきたので、

全力で竿を振り続けようと思います!

 

ただ

健康には細心の注意を払っております。

皆さんも気を付けましょう!

*************************

今回は

船橋校唯一の「早大生」なので

「早稲田を目指すこととは、そして合格するには」

というテーマでお話をしたいと思います。

またこのテーマを

この受験を約3週間後に控える受験生向け

これから1年、2年準備して受験を迎える低学年向け

でお話をしたいと思います。

*************************

まずは受験生

これからは4点を意識してください。

①先を見据えた過去問演習をすること。

②大問ごとでいくら点数を取るかを明確化

(稲葉さん+迫田さんのブログを参照)

③基礎基本の徹底

④結局は自分を信じる

 

①先を見据えた過去問演習をすること。

早稲田に特化した話をします。早稲田の試験は2月の後半にあります。

他の私立入試がほぼ終わってから、早稲田の入試が始まります。

 

では実際に他の入試をしつつ、早稲田の過去問対策はできますか?

 

実際はできますが、多くの時間をさくことはできません。

 

そしてちょうど今の時期、みなさんが一番多く解いている過去問は

どのレベルですか?

上智大学、明青立法中ばかり解いていませんか?

目先の試験は絶対に重要です。

そしてどの大学でも合格を取ることは絶対に重要です。

でも本当に合格したいのは早稲田ではありませんか?

私立入試が始まってから早稲田対策を始めても

間に合いません!

 

つまり今から早稲田対策をしっかりやりましょう!

先を見据えた過去問演習とは

「目先の入試対策だけには捉われず、第一志望校の入試対策も今の時期に行う」

ということです。

 

②大問ごとに何点取るかを明確化

これは僕が説明するより、稲葉さん、迫田さんの方が

詳しく、わかりやすく説明してくれているので

そちらを参照してください!

↓迫田さんのブログ↓

https://www.toshin-funabashi.com/%e3%80%8c%e5%8f%97%e9%a8%93%e7%94%9f%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%81/

↓稲葉さんのブログ↓

https://www.toshin-funabashi.com/%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%8b%e3%82%89%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8/

 

③基礎基本の徹底

私立の問題は仮に早稲田の問題であっても

基礎問題が多いです。その基礎問題はほぼすべて正解し

合格ラインまでの残りの点数を応用問題で取るイメージです。

その際に

「基礎問題で点数を落とすことは大ダメージ」

 

だからこそ

応用問題に目が行きがちですが

単語、文法など地道な勉強は欠かさないようにしましょう!

 

④自分を信じる。

https://www.toshin-funabashi.com/%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%81-2/

↑これは去年の僕がちょうど今の時期の生徒に向けて書いたブログです

最後は努力した自分を信じれるかどうかです。

今の時点で自分に不安だと感じるのならば

正しい努力をし続けて下さい!

そのサポートをするために僕たち担任助手はいるので

少しでも悩みがあれば、僕たちのところに来てください!

 

*************************

次に低学年

低学年は3点を意識してください。

①早稲田に行きたいという強い意志

②センターorセンターレベルの早期完成

③記述力

 

①早稲田に絶対に行くんだという強い意志

早稲田は私立文系が目指すことのできるトップの大学になります。

多くの人が目指す大学であり、その中で合格を勝ち取らなければならない。

長い受験勉強の期間の中で、正直何度も勉強をやめたいと思うことでしょう。

そして、もっと楽に入れる大学にいこうかなという選択肢が頭の中に思い浮かぶことがあるでしょう。

 

でもそこで勉強をし続けられる。

モチベーションを落とさずに勉強ができる。

そのためには本当に早稲田に行きたいのだという強い気持ちが必要です。

志だけでなく、ブランドに憧れる、早大生って肩書に憧れる

そこは何でもいいんです。

とにかく他には負けない強い気持ちがあればいいんです。

 

②センターorセンターレベルの早期完成

受験生のところでも話をしましたが

早稲田は基礎問題が意外とたくさん出てきます。

その基礎問題を落とさないことが早稲田合格の最低条件になります。

そのうえで難しい応用問題を正解していく流れになります。

そのためまず、高校1年生、2年生が目指さなくてはならないところは

「センターレベルを完璧にする」ことです。

さらに詳しくどのタイミングで終わらせるべきかは

HRでお話をします!しっかり聞くようにしてください!

 

③記述力

これは一番「??????」が頭に浮かぶと思います。

私立のマークシートばかりの問題で

なぜ記述力が必要になるのだろうか?って感じだと思います。

だけど絶対に必要です。

現代文を例に挙げてみましょう。

センターの問題の選択肢を見て下さい。

各選択肢ごとの大きな差がありますよね。

それだけ差があると消去法でも十分対応できると思います。

その後早稲田の問題を見て下さい。

各選択肢ごとに大きな差がなくなります。

そこで求められるのは、本文を確実に理解していること。

また消去法だけではなく、自分なりの答えを作っている事です。

抽象度が高い文章が多いため、選択肢も必然的に抽象度が高くなります。

その中で正解を導くためには、選択肢ありきの消去法では厳しいです。

自分なりの答えがあり、その中で選択肢を吟味しましょう。

実際には記述をしませんが、頭の中で文章を作り上げるので

記述力が必要ってことになります。

 

 

まとめます!

早稲田は取れる問題は絶対に取る。

それがマストで応用問題を今後取れる勉強をしていく。

また絶対にくじけない早稲田への思いを持つ。

 

つまり早稲田を目指すことは、

相当の覚悟がいる。

早稲田合格のためには、泥臭い努力がいる。

 

これが私立文系が早稲田に合格をするための

最低条件です。

 

皆さんに早稲田でぜひ会いたいなと思っています!

 

何か分からないことがあれば聞いてください!

 

*************************

明日のブログ担当は

 

1年生でぱっと見た感じ

丸いかなという感じですが

ちゃんと筋肉持っている

河添担任助手です!

 

お楽しみに!!

*************************