みんなの人生はこれから。 | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2019年 2月 19日 みんなの人生はこれから。

 

**************************

みなさんこんにちは!

仲宗根です。

最近は友達と遊びいったときに

アニメの話になり、そこからずっと

アニメばかりを見ています。

1日でガンダム00シーズン2つ分見ました。

寝る間を惜しんで見てます。

 

******************************

 

そんな私生活の話は置いといて

今日はタイトル通り「みんなの人生はこれから。」ということで

人生について考えたいと思います。

 

まずは受験生のみなさん。

私立を第一志望にしている方は入試が終わっている人たちもいますね。

まだこれから来る第一志望に向け、

努力を続ける国立組、私立組もいます。

 

合格を少しでも手繰り寄せられるように

勉強をし続けてください!

 

最後は自分を信じたものが勝ちます。

自分の今までの努力を、今までの頑張りを

素直に信じて、受験に臨んでください。

 

ただ一歩引いて考えてほしいことが

大学受験はあくまで通過点に過ぎません。

極端な話、大学受験、また大学は

自分がやりたいことを実現する手段に過ぎません。

そのため、今みんなが頑張っているこの状態を

入学したら、合格したら、全く見えなくなってしまう。

なんてことはないようにしてください。

 

そしてこれまでは

頑張り=勉強 でした。

しかし大学では

頑張り=挑戦(経験)

だと私は考えています。

勉強とは異なり、「正解のない世界で

自分が納得できる形を発見し続けること」

これが大学における頑張りかなと考えています。

 

つまりここでは何が言いたいのかというと

みなさんの人生はまだいくらでも変更がきくので

可能性を拡げ続けてください。ということです。

それこそここから死に物狂い勉強したら

自分が挑戦校だと考えていた大学に受かるかもしれない。

大学で全く知らない分野に挑戦してみたら

これまで以上に楽しいと思えるかもしれない。

可能性はいくらでもあるんです。

その可能性を打算的に考え、つぶさないようにしてください。

要はとりあえずやってみるんです。

ムリだ、自分はこれくらいだ

と思った瞬間に、成長は止まります。

 

受験が終わったみんなは

大学ではどんなことをしようとか、

そもそも進学する大学になんでいこうと思ったのか

何を学ぼうと思ったのか

これらを他人に説明できるだけ考えてみてほしいです。

 

受験がまだ続くみんなは

今は本当につらいと思う。

周りが少しずつ終わりはじめ、

それでも勉強をしなければならない。

なんで自分は・・・

と思うこともあるでしょう。

その感情はなくそうとしてもなくなりません。

むしろなくそうとすると、より目立つ感情になります。

その感情には真摯に向き合い、

でも私の今の努力は自分の幸せのためになるんだ

など他人との比較ではなく、自分の絶対評価で

考えてください。

 

私が大学受験を終え感じていることは

いい意味でも悪い意味でも

大学受験は人生の転換期になります。

振り返り、自分が何をしたいのかを

明確にするとより良くなる気がします。

受験を終えたらでいいです。

自分の人生についてたくさん悩んでみてください。

 

********************************

最後まで読んでくれてありがとう!

明日のブログ担当は…

バレンタインデーを

みんなに配ってくれる

ものすごーーーーく

優しい担任助手

 

荒木さんです!

お楽しみに~!

*********************