国語、侮る無かれ/今の勉強、大学の勉強 | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2018年 8月 6日 国語、侮る無かれ/今の勉強、大学の勉強

 

 

**********************

 

こんにちは、小林です。

昨日は野澤さんに随分と褒めていただいたようで。

昨日のブログを読み返しては何だかこそばゆい気分です。

 

今日のブログでは国語についてと

科目選択についてです。

前半は受験勉強について

後半は一、二年生に向けたお話になります。

面白い話ができるかどうかは、、、

皆さんが決めてくださいまし()

 

*******************

 

 

さて、みなさん

冒頭のあいさつで出てきた単語、

「こそばゆい」

ってどんな意味でしょうか?

某先生によりますと、

『皮膚がむずむずする。くすぐったい。』

とのことです。

皆さんも、大勢の前で褒められてこそばゆい思いをしたことがあるのではないでしょうか?

この話に何の意味があるのか?と思った方。

センター試験の本文でこの言葉が出てきた時に反応できますか?

選択肢の中で他の単語に言い換えられていたら?

むず痒い、とか落ち着かない、とか

どちらも似たような意味ですが、どちらがより適切か

というのは問題によって変わってくることもあるでしょう。

今日のブログで書きたかったことは

現代文の単語であっても侮るな、ということです。

確かに英語や古典に比べれば遥かに親しみのある単語でしょう

親しいが故に意味を正確に捉えていなかったりしていませんか?

普段意識する部分ではないと思います。

でも、入試は違います。

選択問題では「より適切な」ものを求められます。

論述問題(と、一部の選択問題)ではキーワードを探すことが求められます。

語句を疎かにすることで足を掬われかねません。

とはいえ、今から単語帳を新たに読み込むのは時間が惜しいです。

たくさん文章を読んで新たな単語に出会いましょう。

大問別演習今日のコラムがおすすめですよ!

 

次に科目選択

来年度に学ぶ科目はもう決めましたか?

その科目に決めたのは何故ですか?

と聞かれて答えられますか。答えられる方はおっけーです!

 

答えられない人、まだ決まっていない人は

自分の志望校と学部でする勉強を調べてみましょう。

 

僕は受験期に日本史を全力で勉強しましたが

今は大学でヨーロッパ政治史やアジア政治史で東南アジアを勉強しています。

 

決して後悔はしていませんが、高校で世界史を勉強していれば

ちょーっと勉強の質も変わったかな?とは思います。

迷っている人は自分の受験後の生活を考えながら決めてみては??

せっかくのオープンキャンパスを最大限に生かしてくださいね!

 

**********************

今日のブログはここまで!

明日のブログ更新は

理系の勉強に敵なし!?

数学プロジェクトではお世話になりました!!

益子さんです!!

是非読んでくださいね!

 

*******************