推薦について | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2020年 11月 13日 推薦について

 

**********************************************

 

こんにちは!越川です!

山根さんと同じ大学に入ったは良いものの

まだ、大学では

一度も会えていないですね、、笑

いつか会えますよーに!!!

*****************************************

さて今回は

推薦について話したいと思います。

私は、去年のちょうど今頃

公募推薦を受けていました!

第一志望校の推薦だったので

毎日小論文を書いて、

面接の練習を10人以上として、、

という、なかなか本気で推薦に取り組んでいました。

試験本番は、「絶対受かる!」と

思っていたし、

合格発表の時も、期待してました。

しかし

不合格という結果に終わりました。

正直、めちゃくちゃ泣きました。笑

自分を落とした大学なんて

行きたくない!とまで思ってました。

でも、学校の先生と担任助手の方と話して

「やるしかない」と思うようになりました。

今悲しんだり、

推薦で受かってたら、、ということを

考えていても

正直言うと、時間の無駄だと気づきました。

確かに、推薦のために頑張っていた時間は

ほぼ意味のないものになってしまったし、

もし推薦で受かってたらと考えると

どうしても悔しかったです。

でも、実際にもう落ちてしまったし、

今なにを考えても、

一般試験で受験しなければいけない

という事実は変わりません。

なので、もう本当に結局は

やるしかないのです。

今さぼったとしても、

困るのは、一般受験をするときの自分です。

落ち込むのもわかるし、

もう勉強したくないと

思ってしまうのもわかります。

でもなんだかんだあと少しで、受験は終わります。

少し、受験期間が長くなっただけの話です。

どっちにしろ、推薦を受ける前は

一般受験のために勉強をしていましたよね。

推薦を受ける前は

一般入試を受けることが当たり前だったはずです。

なので、もう切り替えて

すぐにでも勉強を開始しましょう!

私も、合格発表の後、その日中に

一般受験の勉強をしていました!

*********************************************

この時期、推薦をこれから受ける人

受けて、合格発表を待っている人

もう結果が出た人

それぞれいると思います。

結果がどうであれ、

切り替えをはやくすること

を大切に、乗り切りましょう!!
**********************************************

 

最後まで読んでくれてありがとう!


明日のブログ担当は・・・

毎週実験やってるみたいですが、どんな実験してるんですか?

藤本担任助手です!
明日もお楽しみに!

 

**********************************************

 

 

最新記事一覧

過去の記事