高1、2年生時の勉強の大切さ | 東進ハイスクール 船橋校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2021年 10月 23日 高1、2年生時の勉強の大切さ


********************

こんにちは、山㟁です!

最近ハマっていることは、

子猫の動画を見ることです!

家ではペルシャ猫を飼っているのですが、

マンチカンの子猫が可愛すぎて

動画をチェックしています笑

*********************

今日のテーマは、

“高校1、2年生での勉強の重要性” 

です。

なぜ、高校1、2年生においての勉強が重要かと言うと

みなさんもわかると思いますが、

 

基礎基本の内容を出来るだけ早め早めに

終わらせて、しっかり自身の志望校対策を

3年生になってスムーズに完璧に行うためです。

 

つまり、受験生になってから飛躍するためには

低学年の今がとても大切だということです!

 

3年生になってから、焦って

高速基礎マスターをやったり、

数学の基本事項を見直したりと、

それって絶対1、2年生のうちに

やるべきことだと思いませんか??

 

是非低学年の皆さんは

“高3の夏までに共通テスト対策を行い、

9月から第一志望校の過去問をスタートさせる”

という事を覚えておいてください!!

 

まず全国統一高校生テストまでに

今やっている高速基礎マスターを

完全修得しましょう!!

文系理系問わず、英語は最重要科目といっても過言ではありません。

必ず1、2年生のうちに伸ばしましょう!

 

 

*********************

最後まで読んでくれて

ありがとう!!!

明日のブログ担当は

正木担任助手です。

犬派ですか?猫派ですか?