目標を立てる重要性とは | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2017年 2月 17日 目標を立てる重要性とは

↓ !新年度の準備を今! ↓

**************

こんにちは!

今日のブログは花田が担当します!

今朝、ニュースで知ったのですが、自分の母校の付属先、東邦大学の生徒が

事件を起こしてしまったみたいです…

東邦OGの方や千葉大生、東邦大生が問題を起こしてしまい恥ずかしいです。

自分は良いニュースを世間に広められるよう、頑張ります!

**************

さて、皆さんには目標がありますか?

自分は少し曖昧なのですが、歴史に名を残したい、という壮大な目標があります。

なぜ、名を残したいかと言うと、それが自分の生きた証になると思うからです。

何故自分が生まれてきたのか、何故自分は生きているのか

自分に問いかけても答えは出ない。

じゃあリセットしてもいいんじゃないか、とも考えられますが、

何かを達成し、それを遺せた暁にはきっとそれが生きてきた理由になり、

生きがいになると思い直し、それを見つけられるまで旅を続けてみようと思いました。

では、どうやって名を残そうかと考えたとき、ジョブズみたいに革命的なアイディアで

デバイスやシステムを作る、は自分には無理かもしれないけど、

既存のものを進化させて、より人々が快適に過ごせるようなデバイスやシステムを作りたいです。

これからICT関連の業界はさらに進化し、

人々の生活を助けていくことになると思います。

ただ、仕組みを理解するまでもなく、

いろいろなことを魔法のようにできるようになるため、

どんどん危険な社会になっていくと思います。

(例えば電子レンジで猫を乾かそうとしたり、

スマホが充電できる、というデマを信じてしまう人がいたり

なるべく脅威を排除し、安全かつ便利なものを作れるよう、

これからも大学で基礎固めを頑張っていく所存です。

特にこれと言って目標が無い、という方は、まずは小さな目標を立ててみましょう。

例えば明日も遅刻せずに学校に行くだったり、東進にちゃんと登校するだったり

なにかしら立ててみましょう。

目標なく生きていても何も楽しくないですし、気力が湧かず、

グダグダと日々を消化するだけになってしまいます。

まずは小さな目標を達成し、だんだんとその目標を大きくしていってみましょう。

旅の終わりは自分次第、達成できたなら次へ次へと進んでいき、

行けるところまで行ってみましょう。

また、どんなに厳しい目標だったとしても、

「始めるのが遅かったから」、「自分には才能がないから」

などと言い訳して簡単に諦めないでください。

諦めるのは簡単ですが、後悔はずっと付きまとってきます。

本当に全力でやってこれ以上もう無理だ、ってなったとしたらそこが踏ん張りどころです。

もうひと踏ん張りしてみて、それでも本当にダメだったなら、また新たな目標を立ててみましょう。

過去や結果を変える事はどんなに願っても不可能ですが、

また頑張ろう、と歩みだすことで未来は変えられます。

そうすることで、最初に思い描いていた通りではないものの、

新しい違う未来に行くことができます。

目標を立て、達成する、

また新たな目標を立て、達成するを繰り返し、

生きがいを見つけ、

自分の好きな分野で花を咲かせてください。

船橋校の生徒が皆、生きがいを見つけ、

最終的に、社会・世界で活躍する人財となる日を楽しみにしています。

**************

センター試験まであと330日!

**************