ブログ

2019年 11月 30日 

***********************************

こんにちは!白井です!

大学祭は10月の中旬に

終わってたんですね、、

今年はなんと!

お笑いコンビのEXITさんと

アーティストの

マカロニえんぴつさんが

来て盛り上げてました!

***********************************

さて!過去問を演習しろと

たくさん言われてると思います!

昨日も伊藤さんが過去問演習の大切さを

書いてましたね!

では、そもそも過去問演習を

行う目的は理解していますか?

実はこの過去問演習を演習する

目的を勘違いしている人が

意外と多いように感じます。

いきなりですがクイズです!

この時期に過去問演習をする

目的は何だと思っていますか?

1.その大学の傾向を知り慣れるため

2.自分の弱点に気付くため

3.合格点を取る練習をするため

***********************************

正解は分かりましたか?

実は長い目で見るとどれも正解です。

しかし、今の時期の話をすると

正解は2の自分の弱点に気付くためです。

まず、1はとりあえず1年分

第一志望の過去問を

解いてみようかな〜って思った時期、

つまり過去問演習を始める際の目的です。

そして3は過去問演習が終盤となり

最後のあと一歩をどう伸ばすかを

考える時期、つまり

過去問演習を繰り返し行った上で

ラストスパートをする際の目的です。

この3つを混乱していませんか?

今、傾向を知って慣れる時期だと

思っている人は要注意

過去問のペースが遅いです!

また、過去問を知ることが目的に

なっているので、

知った上でどう対策するべきか

を具体的に考えられていない

可能性が高いです!

そして今点数を取ることだけを

目的にしている人は更に要注意!

点数は確かに大事です。

けれど過去問は所詮過去問です。

点数に一喜一憂していても

当たり前ですが同じ問題は出ません!

過去問解くの怖いな〜と思ってる人は

過去問=点数を取るべきもの

→今解いても解けないのでは?

という考えに

陥っている可能性があります!

こう思っていた人は

受験生の頃の私を含め、

今すぐ考えを改めましょう!

***********************************

繰り返しますが、

今過去問を演習する目的は

過去問の中で自分のできる所、

出来ない所を理解するためです。

そして出来る所を更にどう伸ばすか

出来ない所をどう補うか

具体的に考え、試行錯誤しながら

行動することが大切です。

気持ちが追い込まれてくると、

一つ一つの学習の目的を見失いがちです。

ですが目的を見失うと先述したとおり、

同じことをしていても

学習の質が落ちてしまいます。

今目の前にある問題は

出来るのか、出来ないのか、

出来ないならどうすれば出来るかを

常に考えていきましょう!

この時期が1番踏ん張りどころ!

一緒に頑張りましょう!

***********************************

最後まで読んでくれてありがとう!

明日のブログ担当は…

トライアスロン頑張ってますか!?

関川担任助手です!

お楽しみに!

*********************************

過去の記事