志望校判定の実際 | 東進ハイスクール 船橋校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2020年 12月 18日 志望校判定の実際

**********************************************

こんにちは!

仁科です!

 去年のクリスマスは
本郷に行って
課外活動をしていたようです。
大学の充実した
設備を使って仲間と共に
一つのものを作り上げるのは
本当に達成感があります。
 

*********************************************

さて、そろそろ

最終共通テスト

本番レベル模試

成績帳票が返ってきた頃かと

思います。

生徒の皆さんが

最初に見るところはどこですか?

 

大体最初のページの点数と

次のページの合格判定かと

思います。

私としてはその後の

科目ごとの得点状況のほうが

大事だと思うので、

ちゃんと確認して

自分の苦手分野を確認してくださいね!

 

とは言いつつ、

今日のブログで注目したいのは

志望校判定です。

ここのページを見てみてください。

https://toshin-gouhi.com/

ここで一覧になっている点数は

直近のセンター試験本番で

何点取ったらどの判定だったのかを

示しています。

例えば、私のいる

東京大学理科一類を見てみると、

 

Aライン:101点(得点率91.91%)

Bライン:99点(得点率89.91%)

Cライン:99点(得点率89.91%)

Dライン:97点(得点率88.18%)

 

となっています。

AラインとDラインとの差を見てみると

4点、圧縮前の点数だと約32点です。

 

他の大学でも得点率で5~6%の差です。

 

今回の模試で、

「マークミスして◯点落とした」

「頭が回らなかった」などと

言い訳している人いませんか?

その差で判定が何段階も

変わる可能性があるんです

 

つまり、

ケアレスミスを言い訳にせず、

1点にこだわる!

そして、今E判定でも判定が変わることもあるし、

A判定でも油断したらすぐに判定は下がるので

今どんな点数でも

一喜一憂せず最後まで必死で勉強する!

 

受験生の皆さんも高1・2の皆さんも

初めての共通テスト本番(同日)が近づいています。

自分の取りたい点数が取れるように

頑張ってください!

 
 

**********************************************

最後まで

読んでくれてありがとう!

明日のブログは、

クリスマスの思い出と言えば

何ですか?

木村担任助手です!

お楽しみに!

**********************************************

 

最新記事一覧

過去の記事