やりっぱなしにしてない? | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ

2019年 9月 23日 やりっぱなしにしてない?

*************************

こんにちは!

 

実はまだ夏休み中の

小林です。

今年の夏休みは

サークルやゼミの人。。。の他に

その関係で知り合うことになった

他の大学の人たちと

会う機会がたくさんあって

3年間の中で一番

楽しい夏休みでした。

夏休みは終わっても

就活はまだまだ

これからなので

頑張りますーー!!

************************

 受験生の皆さん!

過去問、やりっぱなしにしていませんか?
解いて採点されたものを確認して
解答解説読んで
「なるほど、そうだったのか」
「解説読めばわかるな」
って思って終わりになっていませんか?

添削や正答を見て納得することも、

解説読めば理解できるのも、

言ってしまえば当然のコト。
いつまでもそんな過去問の使い方をしていては

成長効率がとっても悪いですよ!
みんながやっているそれ以上に

努力して合格を目指した人が受かるのが大学受験です。
最初に例に出した解説読んで納得して終わりにする人は

誰にでもできることをやっているに過ぎません。

大切なのは、過去問を解いた後です。
PDCAサイクルを知っていますか?

P:plan(計画)
D: do(実行)
C:check(評価)
A:action(改善)

勉強する上で
何か課題を解決する上で
とっても大切なことです。
では、過去問は上記P.D.C.Aのうちどれに当たるでしょうか?

もちろんCcheckですね。
みなさんは自分の勉強の計画を立てて、
その計画を実行します。
自分の学習を評価、

つまりどんな力が身に付いたか確認する手段が過去問です。
解いたのち、自分の知識の欠けがあれば補充して、

どうしてその結果になったのか、

どんな勉強が必要なのかを考えて(改善)、
また計画を立てます。
この繰り返しこそがPDCAサイクルだと

小林は考えます。

そして、このサイクルを作るためには

自分が受ける試験について知る必要があります。

自分がこれから身に付けるものがわかっているから

しっかりと計画が立てられるのです。

まだサイクルに入れていないな、って人は

自分の志望校の過去問に早期に取り組むようにしましょう。



小林のオススメとしては、

実質的に本番と言える次回の模試までの計画をまず立てて、

その達成のためにPDCAを何度も繰り返すことです!
計画や評価、改善についてわからないことがあったら

どんどん校舎のスタッフに頼ってくださいね!

 

**************************

最後まで読んでくれて

ありがとう!

明日のブログ担当は…

大学最初の夏休み、

どんな夏休みを過ごしたの?

楽しかった?

木村担任助手です!

お楽しみに~!

**************************