8月 | 2020 | 東進ハイスクール船橋校|千葉県

ブログ 2020年08月の記事一覧

2020年 8月 31日 問題演習の落とし穴

*********************

こんにちは

鶴巻です!

最近はまっていることは

王道ですがカラオケです!

思いっきり歌えば

日々のストレスも一気に吹っ飛びます!

 

********************

 

さて、受験生の人はそろそろ

過去問も終わってきた頃かと思います。

そしてこれからは

ほとんどの時間を問題演習に

使うことになります。

 

今日はその問題演習、

特に数学や理科などの

理系科目の問題演習のやり方

についてお話ししたいと思います。

 

理系科目の問題演習と言えば

一問解くのにも結構時間がかかって

大変だと思います。

そのうえ、しっかり演習していても

模試になったら

全然解けないなんてことありませんか?

そういう人は

点を取るための問題演習

が出来ていないかもしれません。

 

分からない問題があった時

みなさんはどうしていますか?

解説を理解できたからって

安心していませんか?

答えを読んで理解できることと

次自分の力で解けるかどうかは

イコールではありません!

 

解説が理解できて安心している人は

似たような問題が模試などで

出題されても解けない・・・

となってしまいます。

 

おすすめの学習法は

解説を読みながら

次同じ問題を解いた時に

どこで解法を思いつくのかをイメージ

することです!

それが出来ないということは

同じような問題が出されても

自力で解けない可能性が高い

ということです。

頑張った分だけしっかり得点を伸ばすために

ぜひ実践してみて下さい!

 

*********************

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

 

明日のブログ担当は

 

今年の夏休みの思い出は何ですか?

形本担任助手です。

 

明日もお楽しみに!

********************



 

2020年 8月 30日 どの科目で何点取るか



*********************

こんにちは

です

この夏食べた

一番美味しかった食べ物は

焼肉トラジで食べた肉です!

今まで食べた肉の中で

一番柔らかかったです!

トラジは僕の中で

高級焼肉の部類に入るので

行けてとても嬉しかったです!

********************

 

白井担任助手が以前に

過去問を解く目的は時期別に

1.その大学の傾向を知り慣れるため

2.自分の弱点に気付くため

3.合格点を取る練習をするため

の3つに分けられる

という話をしてくれたので

今回僕は

3.合格点を取る練習をするため

について少し

お話ししようと思います。

 

まず皆さんは

自分が受ける大学の

合格最低点を知っていますか?

 

当たり前ですが

合格最低点はその年度に

合格した人の点数です。

ということは

過去問を解いた時に

その年度の合格最低点を

一点でも超えていれば

その年合格している

ことになります!

 

大学の独自試験は

満点を取る必要はありません。

合格ラインを上回れば

合格します。

 

受験する大学の

合格最低点

合格者平均

を知ってください!

 

そこから

自分が本番どのくらい点数を

取ればいいのか

科目ごとに

目標を立てていきます。

 

その後

その科目の大問ごとに

取る点数を決めていきます。

 

そうすると

記述がある大学だと

どのくらい減点されたらだめなのか

という

具体的なラインが見えてくる

と思います。

 

このラインをもとに

どうすれば自分が

合格できるのかを

考えながら

過去問演習を進めていきましょう!

 

担任助手と協力して

大学に合格するための

作戦立てをしてください!!

*********************

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

 

明日のブログ担当は

鶴巻担任助手です!

 

最近ハマっていることは

なんですか?

 

明日もお楽しみに!

********************



 

 

2020年 8月 29日 学校が始まっても


 

*********************

こんにちは、藤本です

 

今年の夏に食べた美味しかったものは

お寿司ですかね。。

と言っても安いところのです(笑)

大学の夏休みも

2週間であっという間でした。。

 

 

*********************

さて皆さん。

8月も終わろうとしています。

まずは、夏休みを

振り返ってみてください。

予定通り学習を進められましたか?

自分自身

「これ以上ない努力をした」

と言えますか?

頑張れたという人は

自信を持って残りの受験生活を

乗り切ってください!

頑張れなかったという人は

危機感を覚えて

残りの受験生活で

取り返してほしいと思います。

 

さて、

話は変わるのですが、

そろそろ

学校が始まったという人も

いるのではないでしょうか。

学校が始まると

「友だちと会えて楽しくて

ついつい話してしまう」

などとなりがちですね。

そこで

切り換え

をしっかりしましょう。

今の自分と

第一志望合格のギャップ

を考え

最大限、隙間時間等も見つけ

ここからもうひと頑張りしましょう!

 

*********************

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

 

明日のブログ担当は

この夏食べた一番おいしかったものは何ですか?

担任助手です!

 

明日もお楽しみに!

********************



 

 

2020年 8月 28日 最初の一歩にフライングなし!


 

*********************

こんにちは、小林壱織です!

 

 

今年の夏は鍾乳洞に行きました!

洞窟の中は夏の暑さとは裏腹に

とんでもなく涼しく、

いっそ寒かったくらいです。

 夏はもう少し終わりそうですが、

皆さんは、季節の変わり目で

体調を崩さないように気を付けましょう。

*********************

さて、今日のブログは高校1年生、

2年生の皆さんに向けて

書こうと思います。

 

今年はオープンキャンパスがオンラインで

開催されこれまでよりずっと

参加しやすくなりました。

僕も、妹と一緒にオンラインの説明会に

参加しました。

通常のものより

説明してくれる大学側と

高校生の距離が近いように感じました。

質問しやすい状況です。

今後催される会もあると思いますので

ぜひ参加しましょう。

 

高校1.2年生の皆さん、

志望校はそろそろ固まってきたでしょうか?

 

まだ早くない?

と思った人!

早くないです。

 

確かに、これから

「もっと」いい志望校が出てくるかもしれないし

志望の方向が「変わる」かもしれません。

 

なぜ、「」をつけたのか。

最初の志望校が明確になっていないと

比較もできなければ

関心を持って2つ目、3つ目の大学情報を

見ることはできないからです。

 

最初の志望校を決めるため、

将来の自分はどんな姿になりたいか?

どんな目的をもって生きていきたいか?

誰に貢献できる人物でありたいか?

 

一度、深く考えてみましょう。

志作文の提出お待ちしています。

一緒に夢・志を見つけましょう

僕たちも力になります!!

 

 

*********************

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

 

明日のブログ担当は

この夏食べた一番おいしかったものは何ですか?…

藤本担任助手です!

 

明日もお楽しみに!

********************



 

 

2020年 8月 27日 その自己分析で大丈夫??



*********************

こんにちは、田中柚妃です!

 

この夏の思い出は

軽井沢に家族旅行に行ったことです!

 

金曜日に旅行に行くことを決めて

日曜日には泊まっているという弾丸旅行でした(笑)

 

軽井沢で食べた天ぷら付きのお蕎麦が

とてもおいしかったです!

 

*********************

 

共通テスト本番レベル模試

お疲れさまでした!

今回の模試の出来はどうでしたか??

 

人によって

ベストを尽くせた人

普段よりもできなかった人

それぞれだと思います。

 

ただどんな結果であっても

模試後にやらなくてはいけないことがありますね??

 

それは模試の自己採点・復習です!

 

模試の復習方法に関しては

この前齊藤担任助手がブログで書いてくれているので

そちらをチェックしてみましょう!

 

 

今回のブログでは模試の復習中

自己分析で注意すべき点について話します!

 

 

自己分析で陥りやすい現象…

それは点数が低いことに目をつむることです!

 

ここで問題なのは

点数が低い事自体ではなく

(もちろん高いに越したことはないですが)

根拠もなしに「まぁ、大丈夫だろう」

と思ってしまうことです。

 

 

「今回はたまたまできなかっただけだ」

 

「この教科はきっとできるはずだから」

 

 

その判断は何を根拠にしていますか?

 

今までの過去問演習の結果から

導き出したのではなく

 

自分の感覚からそう判断したのだったら

注意しましょう。

 

受験当日、合否の判断材料になるのは

あくまで客観的な点数のみです。

 

 

自分の経験や感覚に

頼りすぎないようにしましょう!

 

客観的に判断するのが難しい人は

担任助手や担任との面談で相談してみましょう!

 

 

きっと親身になって答えてくれるはずです!

 

*********************

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

 

明日のブログ担当は

この夏の思い出は何ですか?…

小林担任助手です!

 

明日もお楽しみに!

********************



 

 

最新記事一覧

過去の記事